ニキビにいい洗顔のやり方のポイントは5つです。 ・洗顔しすぎないようにする ・オイルタイプのクレンジング剤を避ける ・たっぷりとした泡で洗顔する ・すすぎを丁寧に行う ・清潔なタオルを使用する ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)ができてしまうのは、毛穴に詰まった皮脂が原因であることが多いので、この皮脂を落とせばニキビが治ると思い、1日に何度も洗顔する方がいます。 でも、これは間違いです。 何度も洗顔することにより、肌本来が持っているバリア機能が働いてしまい、反対に皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)をますます分泌させてしまう結果になりますよ。 朝と夜、一日2回の洗顔がちょうどいいといわれていますから、くれぐれも顔を洗い過ぎないようにされて下さい。 また、メイクをされている方は、クレンジング剤にも注意が必要です。 オイルタイプのものはメイクともなじみが良いため、愛用している方も多いかもしれませんが、皮脂を過剰に落としてしまっている危険性もあるでしょう。 メイクとなじみが良いという事は、皮脂ともなじみが良いというと言う事なのです。 肌に必要な皮脂まで落としてしまっている事もあるため、ニキビが気になるようであれねオイルタイプ以外のクレンジング剤を使ってみて下さいね。 それから、洗顔の時には、洗顔料をたっぷりと泡立てるのが基本です。 ちかごろの洗顔料は、泡で汚れを吸着し、落としてくれる働きがありますので、十分に泡立てて優しく洗う事を心がけましょう。 皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)を取り除こうとして、力を入れてゴシゴシ洗うと、肌を痛めてしまうのです。 すすぎは洗顔料が肌に残るのを防ぐために、しっかりと行って下さい。 そして、最後は、必ず清潔なタオルで顔を拭くようにします。 汚れたタオルで顔を拭いては、今までの洗顔がムダになってしまうのですよー